コートをクリーニングに出さないとどうなる!?そのまま収納する時の注意点

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
カラーも大切!?20代後半の女性におすすめの初デートの服装10選



大人かわいいコーデが男性ウケ抜群!?30代女性の初デートコーデ



どんなアクセをつける!?初デートのアクセサリーを選ぶ5つのポイント



男性ウケがいい!初デートにおすすめのネイルアート7選



流行りの服よりモテ服で行こう!初デートで失敗しない3つのポイント



冬の初デートで失敗しないためのファッションの5つのポイント



【男性の心をつかもう!】冬の初デートのおすすめコーデ10選



大人かわいい!アラサー女子の冬のおすすめデートコーデ8選



【春先取り!デニムが熱い!?】春のおすすめデートコーデ8選



彼氏ウケも抜群♡春に最適!おすすめスニーカーデートコーデ8選



これで失敗しない!お花見デートファッションの3つのNGポイント



スカートとパンツどっちにする!?レディースのお花見デートコーデ10選



デートのバッグはポシェットで決まり!春のデートコーデ9選



【小柄はロングが似合わない!?】小柄な人に似あう髪型7パターン



【小柄な女性はヒール必須!?】ぺたんこ靴でもバランスよく見せる方法



【小柄な女性もスタイルアップ!?】バランスアップの4つの小物使い



小柄な女性のフアッションの3つの基本ルール。バランスコーデで小柄をカバー



小柄な女性のスニーカーコーデ5選。半端丈と合わせるのはNG!?



【ワンピの丈別の着こなしとは!?】小柄な女性のワンピを選ぶポイント



小柄な人でもバランスよくガウチョパンツを着こなす5つのポイント



トレンチコートに合うストールの巻き方3選。小柄さんは両端たらしてIラインに

冬物のコートをクリーニングに出すと、
値段が高くてびっくりすることもあると思います。

だからといってクリーニングにださないと、
どうなるのでしょうか?

ここではクリーニングに出さずに収納した場合、
どうなるかご紹介します。

スポンサーリンク


よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
白シャツの洗濯頻度は!?黄ばみ防止の白シャツの手洗い方法



洗濯しているのに白シャツが黄ばんでる!?黄ばみの原因と3つの予防法



汗以外にも原因が!?白シャツの脇シミが黄ばむ原因と3つの対策



【白シャツの汚れがとれない!】化粧汚れと血液を落とす方法



【ドライマークがついていても家で洗える!?】カーディガンの洗濯方法



【短期間でもハンガーはNG!?】ニットやセーターのしまい方と防虫対策



【ハンガーに掛けたら伸びる!?】ニットの手洗い方法と干し方



ニットについた毛玉をとるおすすめ方法は!?毛玉の原因とお手入れ



靴下を洗うときは裏返す!?靴下の洗い方と臭い汚れの落とし方



【靴下がぐちゃぐちゃ…泣】靴下をキレイにしまえる収納5選



【靴の臭いを重曹で撃退!】重曹での消臭方法とつけ置き洗い



コートをクリーニングに出さないとどうなる!?そのまま収納する時の注意点



襟にファンデーションが…コートの部分汚れを落とす方法



自宅でコートを洗濯機で洗っても大丈夫!?コートの洗濯方法



毎日の一手間でコートが長持ち!?コートのお手入れポイント3つ



【かさばるコートの2つの収納方法】コートを収納する時のたたみ方



洗濯機で洗ってもOK!?大事なキャップの洗濯方法と干し方



【帽子にファンデーションが…泣】ファンデの取り方と3つの汚れ防止方法



タイツとスニーカーの組み合わせは毛玉ができやすい!?毛玉の3つの予防方法



タイツを洗濯機で洗う3つのポイント。毛玉ができない洗濯方法と干し方

クリーニングに出さないとどうなる!?

1、シミができる

数回しか着なかったコートを、
クリーニングに出すか迷いますよね。

でも1回でもコートを着て外にでると、
コートに見えない汚れが付着しています。

また雨や雪でぬれると、
汚れがコートに染みこんでしまいます。

収納する前はきれいでも、
長期保管後コートをクローゼットから出すと、
しみができていた!なんてことも…。

これは目に見えない汚れが、
保管中に酸化してできるものです。

なので見ためはきれいでも、
汚れはついているので、
汚れを落としてから収納しましょう。

2、虫に食われる

コートを着て外に出ると、
コートに虫や虫の卵が付着することがあります。

それをそのままにして収納すると、
卵のついたコートだけでなく、
一緒に収納した他の服まで虫に食われる可能性があります。

電車通勤の人は特に注意です。

満員電車で他の人と密着するので、
その際にコートに卵がついてしまうことがります。

3、カビが生える

人は汗をかいていなくても、
体内から水分を発生します。

水分を含んだコートをそのままクローゼットに収納すると、
コートにカビはえてしまいます。

普段からコートはすぐにしまわず、
いったん乾燥させてから収納するようにしましょう。

毎日の一手間でコートが長持ち!?コートのお手入れポイント3つ

4、異臭がする

店内に入ると、
コートを着ていると少し暑くて、
汗ばむことってないですか?

そんな汗をコートは吸い取っています。

そのコートをそのまま長期間収納すると、
出した時に異臭が…。

特にたばこを吸う人は、
クリーニングに出してから収納したほうが、
臭いが気になりません。

1回しか着なかったコートをそのまま収納する時の注意点

たった1回でも着れば、
コートに汚れが付着します。

できればクリーニングに出したほうが良いですが、
クリーニング代を節約してそのまま収納する場合は、
最低限次のことをやってから収納しましょう。

  1. ブラッシングする
  2. 除菌消臭スプレーをふる
  3. 乾燥させる

ブラッシングでほこりを落としましょう。

除菌消臭スプレーで菌の繁殖を防ぎます。

必ず乾燥させてから収納しましょう。

こうすることで、
シミやカビ、異臭を防ぐことができます。

ただ完全に汚れを落とすことはできていないので、
大事なコートはクリーニングに出した方が良いでしょう。

コートをクリーニングする頻度はどのくらい!?値段の相場は?