洗濯しているのに白シャツが黄ばんでる!?黄ばみの原因と3つの予防法

スポンサーリンク
よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
カラーも大切!?20代後半の女性におすすめの初デートの服装10選



大人かわいいコーデが男性ウケ抜群!?30代女性の初デートコーデ



どんなアクセをつける!?初デートのアクセサリーを選ぶ5つのポイント



男性ウケがいい!初デートにおすすめのネイルアート7選



流行りの服よりモテ服で行こう!初デートで失敗しない3つのポイント



冬の初デートで失敗しないためのファッションの5つのポイント



【男性の心をつかもう!】冬の初デートのおすすめコーデ10選



大人かわいい!アラサー女子の冬のおすすめデートコーデ8選



【春先取り!デニムが熱い!?】春のおすすめデートコーデ8選



彼氏ウケも抜群♡春に最適!おすすめスニーカーデートコーデ8選



これで失敗しない!お花見デートファッションの3つのNGポイント



スカートとパンツどっちにする!?レディースのお花見デートコーデ10選



デートのバッグはポシェットで決まり!春のデートコーデ9選



【小柄はロングが似合わない!?】小柄な人に似あう髪型7パターン



【小柄な女性はヒール必須!?】ぺたんこ靴でもバランスよく見せる方法



【小柄な女性もスタイルアップ!?】バランスアップの4つの小物使い



小柄な女性のフアッションの3つの基本ルール。バランスコーデで小柄をカバー



小柄な女性のスニーカーコーデ5選。半端丈と合わせるのはNG!?



【ワンピの丈別の着こなしとは!?】小柄な女性のワンピを選ぶポイント



小柄な人でもバランスよくガウチョパンツを着こなす5つのポイント



トレンチコートに合うストールの巻き方3選。小柄さんは両端たらしてIラインに

何度も洗濯しているうちに、
白シャツが黄ばんできた!

ってことはありませんか?

汚れなどに気を付け、丁寧に扱っていても、
どうしても黄ばんできてしまいます。

ここでは白シャツの黄ばみの原因と、
予防方法についてご紹介します。

白シャツの黄ばみの原因

白シャツは、
何度も洗濯しているうちに黄ばみます。

またタンスの中に長期間保管していると、
黄ばみがひどくなっていることがあります。

黄ばみの原因は皮脂汚れです。

洗濯しても皮脂汚れが繊維の中に入り込み、
完全に落ちきれていないのが原因です。

また皮脂汚れは油なので、
冷たい水で洗濯しても落ちません。

皮脂汚れは時間が経つにつれ酸化し、
黄ばみへと変わります。

なのでタンスの中で長期間保管した場合、
汚れが酸化して黄ばみがひどくなるんです。

スポンサーリンク


よく読まれている記事一覧
スクロールしてね!
白シャツの洗濯頻度は!?黄ばみ防止の白シャツの手洗い方法



洗濯しているのに白シャツが黄ばんでる!?黄ばみの原因と3つの予防法



汗以外にも原因が!?白シャツの脇シミが黄ばむ原因と3つの対策



【白シャツの汚れがとれない!】化粧汚れと血液を落とす方法



【ドライマークがついていても家で洗える!?】カーディガンの洗濯方法



【短期間でもハンガーはNG!?】ニットやセーターのしまい方と防虫対策



【ハンガーに掛けたら伸びる!?】ニットの手洗い方法と干し方



ニットについた毛玉をとるおすすめ方法は!?毛玉の原因とお手入れ



靴下を洗うときは裏返す!?靴下の洗い方と臭い汚れの落とし方



【靴下がぐちゃぐちゃ…泣】靴下をキレイにしまえる収納5選



【靴の臭いを重曹で撃退!】重曹での消臭方法とつけ置き洗い



コートをクリーニングに出さないとどうなる!?そのまま収納する時の注意点



襟にファンデーションが…コートの部分汚れを落とす方法



自宅でコートを洗濯機で洗っても大丈夫!?コートの洗濯方法



毎日の一手間でコートが長持ち!?コートのお手入れポイント3つ



【かさばるコートの2つの収納方法】コートを収納する時のたたみ方



洗濯機で洗ってもOK!?大事なキャップの洗濯方法と干し方



【帽子にファンデーションが…泣】ファンデの取り方と3つの汚れ防止方法



タイツとスニーカーの組み合わせは毛玉ができやすい!?毛玉の3つの予防方法



タイツを洗濯機で洗う3つのポイント。毛玉ができない洗濯方法と干し方

白シャツの黄ばみの3つの予防方法

1、お湯で洗濯する

皮脂汚れは冷たい水では落ちないので、
40度くらいのぬるま湯で洗濯するのをおすすめします。

洗濯機にお湯を入れて洗うには経済的ではないので、
白シャツだけを洗面器に入れ手洗いしましょう。

白シャツの洗濯頻度は!?黄ばみ防止の白シャツの手洗い方法

手洗いが手間な場合は、
洗濯機にお風呂の残り湯を入れて洗うだけでも、
汚れの落ち具合が違います。

長期間着ない場合は、
手洗いで丁寧に洗濯し保管するのが良いです。

2、汚れがひどい部分は必ず手洗いする

洗濯機で洗う場合、
汚れのひどい襟首や袖口だけは手洗いしましょう。

洗面器にお湯をはり、
襟首と袖口に洗濯石鹸をつけ部分洗いします。

それから洗濯機に入れましょう。

それも手間だという人は、
トップのプレケアがおすすめです。

塗って5分おいてから洗濯機に入れるだけで、
汚れが落ちます!

普段の汚れ落としには十分です。

3、酸素系漂白剤

洗濯する際に洗剤と併用して使いたいのが、
酸素系漂白剤です。

花王のワイドハイターなどです。

漂白剤で洗うことにより、
白さを保ってくれます。

手間をかけるほど黄ばみにくい!

洗濯って手間ですねよ。

でも手間をかけて洗濯することにより、
黄ばみは防げます。

大事な衣類を長くきれいに着るには、
汚れをキレイにとってあげましょう。

生地に負担をかけない手洗いが、
1番衣類が長持ちします。